はとこ日本紀行-2013- 続・今治編

昼食のビーフシチューと、S丸の持ってきた甘々娘(とうもろこし。名前どおり激甘)
を堪能後、今治観光へ

T内の運転で!!

20代の頃から「免許は嫁入り道具や」と豪語していた女なのです
ああ、こいつは一生運転する気はないのやな・・・と思っていたのに、
その女の運転する車に乗ろうというのです

はとこちゃん、この夏休み最大のアドベンチャー

S丸と、事故時の死亡率がより低い後部座席を巡って醜い争い
優しい私は、眺めのいい助手席を後輩に譲って差し上げたわ
オホホホ

ちょっと走ったところで、一時停止
そして再発進の際、「キュルルン(←擬音として正しいかどうかわからない)」
とエンジンのかかる音

はとこ「えっ?ちょっと待って!いきなりエンスト?」
S丸「はとこちゃん、ちゃうねん 私もびっくりしたんやけどな、
この車、一時停止のたびにエンジン止まるんや」

嘘やん!T内、正直に言え!エンストやろ!(オ-トマ車です)

どうやらそういう車らしい
「アイドリングストップ車」というらしいですね

路線バスなんかでそういうのを搭載してるのは経験があるのですが、
家庭用乗用車では初めて見ました

止まる度に、いちいちエンジン音停止

「ほんまはエンストしてるんちゃうの?こんなデカイ交差点でさ!
なあ、大丈夫なん?ほんまに大丈夫なん??!」と
ハラハラしますのん

これ、環境にはええかもしれんけど、エンジンの耐久性はどうなん?
バッテリーの耐久性はどうなん?
ほんまにエコなん?
いやー、落ち着かんわコレ 一回一回気になるわコレ

と、S丸と二人でT内の新車にさんざんケチをつけながら、
一行は糸山公園・来島海峡展望館に到着

ここからは、来島大橋がこんな風に眺めることが出来ます
shimanami-itoyama

こんな風にしまなみ海道サイクリングも出来るらしいけど
Untitled
(画像、今治地方観光協会より)

誰がこんなクソ暑い時に、そんな酔狂なことしまっかいな
さっさとエアコンの効いた展望館へ移動しまっせ

展望館に入ると、観光案内と共に
案の定、バリィさん土産物グッズもいっぱい
(バリィさんは今治市のマスコットキャラクター
ゆるキャラグランプリも取ったことがあるそうです)

「あ、これ可愛い うわっ!高っ!ぼったくりやな」
とついつい大声で言ってしまい、受付のおばちゃんに睨まれる

「思ったことをすぐ口に出すんはやめぃ!」とS丸に怒られながらも
「このバリィさんの腹巻に入ってんの重箱とお餅か?
正月バージョンバリィか、気が早いのう」
と喋り続けた私は、蛮行(?)を見かねた受付おばちゃんに説明されてしまいました

「バリィさんの腹巻に入ってるのは船です 今治は造船業が盛んですからね」
「ちなみにバリィさんは鳥です」

ああ、そうですか ありがとうございます
と説明のお礼を言いながら、バリィさんが鳥なのは知ってるもんねー!ふんっ
と心の中で言い返す
おまえは小学生か!!

ということで、バリィさん記憶スケッチ
本物の画像を貼りたかったけど、使用許可等うるさそうなのでね
Bari

ほんもののバリィさんはこちらへ
バリィさん

ああ、タオル美術館観光まで終わらせたかったのに!!
ということで、続く


MENU

はとこ日本紀行-2013- 今治編

さて、今帰省で楽しみにしていたことの一つに、
「会社員新時代の同期、T内の家(愛媛)を訪ねる」というのがありました

同じく、後輩の悪友S丸も共に

この二人、私の友人の中でも群を抜くおもろい女たち
そのキテレツぶり、すっとこどっこい加減
そうかと思えば、ナイフのような切れと毒々しさ

彼女らを前にすると、自分がなんて平々凡々とした
特徴のない人間なのだろうと思い知らされるのです

そんなことはさておき、
今回の目的はT内に会うというよりも、T内の家を見るということにあったかも
しれません

彼女の家は、典型的な「昭和の家」

屋内の採光・断熱効果 住みやすい間取り
そういう「快適・住ライフ」一切合切をまるっきり無視した「とりあえず建てとけ」建築

昔あった人気TV番組(今でもあるの?)劇的!ビフォーアフターに
よく登場するようなおうちであります

一階の天井は低いし、二階の廊下は歩くと車酔いしそうやし(傾いてる)
つっこみどころ盛りだくさん

住めば都、己が愛する根城をコケにされて悔しくないのか?T内!!
と、皆さん思われるでしょうが、そんなイケてない箇所を嬉々として紹介してくれたのは
T内本人

それでも、壁を塗りなおし、可愛い小物でデコレイトして、
昭和の家は、なんとなく古びた味わいのある古民家風・・・・
というのは言いすぎ!
いくらなんでもそんな嘘は私にはつけんわ!!

ま、とにかく、彼女なりに可愛くリフォームして
しっぽりと、暮らしやすいように工夫してるのが見て取れました

そんなT内の工夫をあざ笑うかのように君臨する、
この物件のラスボスを紹介しましょう

悪友S丸に、今回の「T内家訪問」決定の際に
「やったー!噂のアレが見れるのね!!」と言わしめた
T内に再会ということよりもそちらの方が主目的?と思わせるかのような発言を
させた、それ

その名も
20130629_163758

え?普通のトイレやんと思われたことでしょう
が、よーく見てください

あ、別角度からいきましょうか
20130629_203815 20130629_203823

そう このトイレは、ドアを閉めると足がつっかえてしまう
恐怖の「座れないトイレ」(大げさ)なのです!

ちょっと斜めに座れば座れなくもない?風に見えますが、
座れません

ここのトイレはドア大開放ののち、斜め座りがデフォルトでございます

この空間の狭さが、写真で伝わらないのが悔しい
カメラが悪いのか、カメラマンの腕が悪いのか・・・

帰宅して、カメラに保存された十数枚に及ぶトイレ画像を見て呆然とした私ですが、
割愛して、ベストショットの二枚をここに(これでベストか)

T内によると、たぶん昔は和式トイレだった

和式の時は問題なかったが、そこに無理やり洋式便器を入れ、
そして昔気質な大工が、レイアウト後の結果を考えず、とりあえず
「真ん中の位置にまっすぐに」
設置したために、こうなってしまったのであろう・・と

おい、大工
職人気質なら、人がちゃんと座れるスペース確保せんかい!!

しかしまあ、限られた空間で、おのずとその面積が制限されるのは
厠なのかもしれない・・・と無理やり納得しようとするものの

その横の浴室は
20130629_163822

この角度から、浴槽が見えませんがな
角を曲がってくださいねー、浴槽ありますから
的な仕様?

おい、大工
このスペースを、ちょっとだけでもトイレに分けてあげようとか、
そういう温情(?)はなかったのか!!??

S丸と「想像以上だな!!」と感心しながら、T内のキャラには
この昭和つっこみ建築はぴったり このまま大掛かりなリフォームはすることなく、
土台の脆弱さにスリルを感じながら、ずっと暮らし続けて下さいと密かに祈ったのです

いろいろ言いましたが、ステキなおうちだと思います(一応フォロー)
20130629_121249

ところで、今回T内家訪問の目的Part2に、
T内の飼い猫コタローに会うというのもあったのですが、
コタローの写真、一枚も撮ってないよ

トイレの写真は捨てるほどあるというのに・・・

記憶スケッチ
kotaro

今治編、まだ続きます


MENU

鼻金ナイト

先日、もうすぐオレゴンに引っ越してしまうよしおさんを囲んでの、サヨナラおやじギョーザ会が
行われました
なぜおやじかというと、N流家でのパーティーにはあの日以来、枕詞に”おやじ”がつくのよ!
というのは今、私が決めました、ハイ

みんなの持ち寄りフードがこれでもかというほど並ぶ
 

続きを読む


MENU

美人妻会&おっさん+キッズ

キンキンに冷え込んだ日曜日、
ブログ「ふたご行進曲」でおなじみのPSママさんホストで
毎年開催されているらしい「関西会」に、
今年は関東出身Madam Ballさん&まきちゃん、四国からはワタクシはとこが+α組として
めでたくも参加を許され、ドキドキしながらも喜び勇んで、おじゃると出かけて行きました

ワタクシは皆様もご存知のように、ノミの心臓を持つかなりの人見知り
まきちゃんは、「私も人見知りするんです」とか言うてたけど、君のは人見知りとちゃうで!
私はな、ほんまドキドキして喋れんようになるんや
借りてきた猫状態になるんや!(ノД`)ウワーン

ドキドキしながらお邪魔したPSママ家
ステキなリビングルームで、薪ストーブがお出迎え

このストーブがあったかーい!

続きを読む


MENU